時計の秒針音

少しずつコツコツ意味を貯めてく

コーヒーの淹れ方

唐突ですが,僕はコーヒーがとても好きです. なので,一応僕なりのコーヒーの淹れ方を書いておこうと思いました. コーヒー入れたことないよって人は,結構簡単に安く美味しく飲めるので初めてほしいし,プロの方が見られたら,僕は向上心の塊なので,より…

許さないという選択

機嫌が悪い人の近くにはいたくない. 機嫌というのは,確かにその時の体調や具合にかなり左右されるが,大人であればある程度は機嫌は自分で取る必要があると思うし,人に当たり散らすなんて以ての外だ. これは僕の経験からだが,人によっては,目上の人に…

失礼なことを言ってくる人たちに怒れない

失礼なことを言ってくる人たちに対して,どう怒れば良いんだろう. 僕には今その答えがなく,愚痴ると他の人を嫌な気持ちにしてしまうから,仕方なく記録残しのためもあってブログに残そうと思った. こういう方法があるよっていうのがあったら,ぜひ教えて…

夏の記憶を呼び覚ましている

「夏」という季節について考える. 蝉の鳴き声,市民プール,棒付きアイス,かき氷,焼きそばの屋台,盆踊り,花火,熱中症,グランド,炎天下,紫外線,林間学校,虫捕り,緑に生い茂る木々,バーベキュー,自転車,通り雨,線香花火,無計画旅行,ガストで…

何時かのサイレンが聴こえますか.

このたび,ノクターンで新譜をリリースしました.何時かのサイレンe.p.という3曲入音源をデジタルリリースしたところ, Spotifyの公式プレイリスト 「New Music Wednesday」 open.spotify.com と 「Edge!-Japan Indie Picks−」 open.spotify.com で「海底」…

変拍子の曲を作るのはずっと昔から決まっていたという話

色々あって「マスロック」や「ポストロック」という概念についてちょっと掘り下げている時期で,CHONやAmericanFootballとか王道だけれど今は結構聞いている. 変に理屈っぽいので,物事を知るときは原理とか生まれを理解しないとちゃんと知覚できなかったり…

さて,誰の言葉に耳を貸そうか

(僕は夏に対して,特別な思い入れが無いことに気づいた.) 自信,という言葉がある. 「自信があるね」とか「自信に満ちている」という風に使う. 自(みずから)を信じる. という言葉. 「自らを信じるがあるね」とか「自らを信じるに満ちている」という…

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION,Evolutionする必要ないでしょ

縁あって試写会を観ることができたんだけれど,駄作&蛇足だった. njobs.hatenablog.jp ↑原作への感想 試写会は,小林幸子さんの生歌をの「風といっしょに」を聞けた.今回は小林幸子さんとしょこたんが二人でデュエットした楽曲になっていたが,しょこたん…

僕たちはもう帰りたい

今こうして文章を家で書いているときでさえ,起きて行かなければならない仕事を思い出し,全力で帰りたいと思っている. みなさんはどうだろう. 僕たちはもう帰りたい(ライツ社) 作者: さわぐちけいすけ 出版社/メーカー: ライツ社 発売日: 2019/03/16 メデ…

眠るのが嫌い

眠るのが嫌いだ. 仕事をしている時間は自分のやりたいことができないから,帰ってきてからしたいことをするしかない. ただ,疲れ切っているから朝やろうと思ったことの9割はできなくて,YouTubeを見たりアプリゲームすることくらいしかできない.(ただこ…

誰もが正義マンになりたかった

じょぶずです. みんな,正義マンになりたかった. でもずっと正しいことをすることは辛いし,理不尽なことで傷つけられてばかりだ.正しくないことがまかり通る日本である. njobs.hatenablog.jp njobs.hatenablog.jp ※なぜか,同じ題名で2記事書いていた…

25歳になった

じょぶずです. 25歳になりました. ねねちゃんがツイッターで公式も動かしてくれて,いろんな人からコメントいただけて,なんかすごい嬉しいです. ありがとうございます. ブログというツールがあるので,ことばをきちんと様々な人に伝えることができる…

MVというもの

先日,かねてから本当にお世話になっている方に依頼していたMVを公開した. 曲名は「haise」という. 僕は映像に関して,専門的な知識がまったくない. 雰囲気とか,こういう気持ち,とかそういうことでしか伝えることができない. なので詩を読んで,解釈し…

haise

今日MVを公開した. ノクターン『haise』 2ピースになって,2本目のMVだ. 無機質な感じがよく出ていると思う. 『haise』という言葉は造語だ.(造語というものを作ってみたかった) 前作は『私の聖域』というMVで,かなり有機的なMVになっている. ノク…

腕時計をしよう

僕は好んで腕時計をしている.しかも,少し重めのものが好きだ. もうかなり長いあいだ腕時計をしている. 僕の体は,もうすでに重心が若干右にずれている. それは腕時計を普段つけているから,左の重みと釣り合わせるために右に重心がずれているのである.…

人は想い出に生きている

どこもかしこも,誰かと歩いたり遊んだりした想い出であふれている. 僕はまだ実家に住んでいるから,家の周りにはいろんな記憶が溢れている. 中学受験期に,数少ない友達とくだらない話をした交差点の白いガードレール. そろばんの塾の帰りによって,泥団…

空虚な

生きている意味はなんだろう,という根本的な疑問に, 何かしらの周期でぶち当たる. 自分に価値がある,とか,無いとかそういう話ではなくて, 人類を動物として捉えたとき,種の存続というのが生物の基本的な意味ではあるわけだけれど, 最終的に地球にも…

ノクターン月花の旋律ツアー「白色の記憶」について

こんばんは (本当は,職場のひどい状況についてのブログを書こうと思っていましたが,そんなのどうでもいい) 本日解禁になったノクターン月花の旋律ツアー 最終章「白色の記憶」について,色々考えているところがあるので,文章にして残しておこうと思いま…

ノクターン月花の旋律ツアー「白色の記憶」について

こんばんは (本当は,職場のひどい状況についてのブログを書こうと思っていましたが,そんなのどうでもいい) 本日解禁になったノクターン月花の旋律ツアー 最終章「白色の記憶」について,色々考えているところがあるので,文章にして残しておこうと思いま…

泥のような

題名を決めずに書き始めている. というのも,題名を決めてしまうと,書かなければいけないことが,その題名に引っ張られてしまい,本当に書きたいことが書けなくなってしまうからだ. 人の,悪意を持った/持たない言葉を,僕には跳ね返す力がほとんどなく…

自分の立ち位置

僕は最近,何か得体の知れないものに対して怒りを感じている. 理由は不明で,なんだかよくわからない不快感に襲われていて,人に当たるわけにも行かず,行き場のない不快感がずっと脳内を駆け巡っている.美味しいものを食べているときは忘れられる. ノク…

「パパ」ー岡部えつ 雑感

インターネットが普及し,ツイッターが普及して,ものすごい情報量の文字列を短時間で消費するようになってから,僕は活字が読みにくくなってしまった気がして,僕は定期的に小説を読むのです. 236ページの分量なので,読むのが遅い僕でも3時間程度で読むこ…

月花の旋律ツアー 皮切りライブ at 下北沢LIVEHOLIC

お久しぶりです. 最近文章を書くことがとても億劫になっていて(というのも,レコーディングやら企画の準備やら何やらカニやらでとてもしっかり時間を作ることができなかった)遠ざかっていたのですが,昨日のライブに関しては色々思うことがあり,これは文…

新年のご挨拶・決意表明

2019年あけましておめでとうございます. 2018年は激動の1年でした.今年はどうなるのでしょうか. 僕は皆さんのおかげで,芸術家として生き続けることができ,今日を迎えることができました. 2019年はもっと自分,バンドというものを色濃くす…

僕はポルノグラフティの「アゲハ蝶」の世界にずっと囚われている.

先日,三秋縋さんのツイートでこんなのがあった. 「あらかじめ失われた青春の幻影を追い求めるうちに、喪失の確認行為そのものが目的にすり替わった人々」の概念については、僕も一度ちゃんと整理しておきたいんですよね。二度と戻れない、決して触れられな…

11/19 初ワンマン 「まだ信じたいよ。僕らは、」

2ピースになった決意表明が6月で,8月にレコ発企画「誰かが愛した呼吸」,そして11月19日にレコ発ワンマンライブ「まだ信じたいよ。僕らは、」. 正直過密スケジュールだった. 確か4月くらいにもうこの流れは決まっていた. 2ピース決意表明企画 レコ発企画…

ミュウツーの逆襲でふいに泣いてしまった

妹がポケモンの初代映画「ミュウツーの逆襲」を見ていて,ふらっとテレビを覗いた手前引き込まれてしまって,そのまま最後まで見てしまったんだけれど, あれは時代を先取りしすぎていたなと,まず思った. 科学が発展し,iPS細胞などが出てきて,「生物(ク…

ふるさとを持たない君の海になりたい

俵万智さんの俳句だ. 僕はこの言葉をつい最近知った.死ぬ前に知ってよかったと思っている. 「ふるさと」を持たない君 僕の知っているふるさとにたとえ海がなかったとしても この言葉の中では,僕のふるさとには海があって 出会った君は知らないんだ,あの…

パスワードの人という音楽

実は,ツイッターで告知されるちょっと前に,ぐみμさんから連絡いただいた. 正直言葉が出ない. パスワードの人には,僕自身特別な想い出があるので,少し振り返りたい. パスワードの人との出会いは,渋谷aubeというライブハウスでだった. その頃はまだ3…

ペンギン・ハイウェイに関して

僕は森見登美彦の熱狂的なファンではない. だから,深い考察とか知らないし,「こういったバックボーンがあって」とかも知らない. ペンギン・ハイウェイの映画を早く観る機会を得たから,小説を読んでから観ようと思った. なにかを批評するには,まず勉強…