読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計の秒針音

少しずつコツコツ意味を貯めてく

羊と鋼の森を読んでー音楽を演る人は絶対に読むべき本ー

こんばんは.. 2016年本屋大賞を受賞した「羊と鋼の森」を読んだので,感想を書きたいと思う. 僕が,この本に出会ったきっかけは,別冊マガジンで連載詩を載せていた最果タヒさんの新しい詩集が売り出されることを知って,新宿の紀伊國屋書店に行ったこと…

君の膵臓をたべたい

住野よるさんの,「君の膵臓をたべたい」を読んだので,その感想を書いていこうと思う. 主人公の「僕」と,膵臓の不治の病にかかった「山内咲良」の出会いと心の変化の物語. 僕自身,音楽を作る人間として,感動するものであったり美しいものであったり,…

「君の名は。」は過大評価されているような

「君の名は。」を観てきた感想を書いていきたい. ただ,最初に言えることは「みんなが絶賛するほどの映画だろうか?」ということだ.単純に面白かった.ただ,特に残るものもない.そんな感じ. 一応,過去作から振り返ってみる. 新海誠は,前作「言の葉の…

シン・ゴジラ レビュー

ゴジラを全く知らない人間が,庵野監督の映画シン・ゴジラを見た感想を直球で書きたいと思う. ”ゴジラ”という単語くらいは,黒くてでかい怪物,という知識レベルで知っていた.また,黒い怪物が日本で大騒ぎして退治する物語なんだろうな,と思いながら,そ…

ものづくり

近頃は,自分を表現とかいう言葉の罠にはまって抜け出せなくなっている. ものを作るということは,自分の一部を現実化して外に出すということだ. つまり自分を削る行為と同意である. 僕は最近,曲を作る行為にひどく疲弊する.文字を書くのにも,音を作る…

見えない精神力

自分がどれくらい疲弊しているのか 自分がどれだけ苦しんでいるのか それしっかりと把握できる人って案外少なかったりする. ボクもそのうちの一人だ. 今日レコーディングがあって,歌ってきたわけだけど,覇気が出ない. 歌っててもそこまで楽しくない. …

歩きスマホの話

おはにちばんは.job'sです. 最近スマートフォンが普及しだして,老若男女様々な人がスマートフォン(通称スマホ)を持つようになりました. ”スマートフォン(英: smartphone)は、携帯電話機の一形態を指す用語である。「統一された定義は無い[1]」あるい…

困った就活生の日記

日記帳に書くのはコストが高い気がしたので,ここに書き記していこうと思います. 大学生から就活生になって,周りからのプレッシャーが大きくなっている. どうにも,自分のやりたいことをやるには大きな力が必要で,まだ僕にその力は無いみたいだ. とりあ…