読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計の秒針音

少しずつコツコツ意味を貯めてく

朝ごはんを食べること

お題「朝ごはん」

 

朝,起きたら外から鳥が囀る声が聞こえて来るわけでもなく,目覚まし時計の音で目が覚める.

いつの間にか,目覚まし時計の音がトラウマに鳴っていることに気付くけれど,それで起きれるのだから問題ないかなとも思う.

心臓の音が耳に響いて,「あーこりゃやばいな」とか思いながら思い切り立ち上がり,カーテンを空ける.日差しがさすわけもなく,曇りだ.
天気に左右されるような軽い精神でもなく,晴れていても曇っていても雨でも,変わらず眠さだけが脳を埋め尽くす.

朝ごはんはだいたいパンを食べる.

パンを焼く時は,うっすら焦げ目がつくくらいが良い.

熱が逃げないうちに薄くバターを塗ってかぶりつけば,少し目も覚めてくる.

温かいコーヒーを入れて,その香りを嗅ぎ「あー今日も行かないとなー」としんどい気持ちにけじめを付け,どうでもいい朝のニュースを見る.

ニュースの左上の時計が20分になったら椅子から立ち上がり.洗面所に向かい歯を磨く.

ヘアバンドで髪を束ね,洗顔剤で顔を洗えば目が覚める.

そうして,どたばたしながら着替え,時間ギリギリで家を出る.

繰り返しの日々の中で,何度も何度も食べた「あさごはん」という概念に飽きることはない.

朝目が覚めれば腹が減る.

腹が減るからパンを食べる.

それで良い.

それが良い.