読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計の秒針音

少しずつコツコツ意味を貯めてく

「君の名は。」は過大評価されているような

君の名は。」を観てきた感想を書いていきたい.

ただ,最初に言えることは「みんなが絶賛するほどの映画だろうか?」ということだ.単純に面白かった.ただ,特に残るものもない.そんな感じ.

f:id:njobs:20160905235037p:plain

 

一応,過去作から振り返ってみる.

新海誠は,前作「言の葉の庭」から約3年後の2016年に「君の名は。」を作った.

言の葉の庭」は新宿御苑を中心になって話が展開していく恋愛の物語だったが,歳の差の割に先生が若すぎるユキノ先生のせいで現実味を帯びられなかった印象があった. 

豆知識だけど,言の葉の庭に出てくるユキノ先生は,君の名は。の古典の先生だそうだ.

 

言の葉の庭 - Wikipedia

 

新海誠は,風景をものすごく丁寧に美しく描く,作家だ.

秒速5センチメートルの背景も,それは綺麗なものだった(つい最近見た感想).話も,女性と男性の記憶の仕方(例えば女性は上書き保存で,男性は名前をつけて保存とか)を顕著に表していて,個人的に非常に面白かった.観た後に切なさが残る,その自分の切ない気持ちを実感して更に悲しくなる.でも次の日は少し頑張っていきてみようかな,と思える.そんな感じである.

 

秒速5センチメートル - Wikipedia

 

ただ,キャラクターがものすごいことになっていた.作画崩壊が多くて驚いた.きっと「君の名は。」を観た後に,みつはが可愛くて他の映画を見ようと思い,秒速5センチメートルを見ると,衝撃を受けるだろう.

調べると言の葉の庭からキャラクターデザインが新海誠ではないらしい.ただ,その潔さは逆にいいと思う.

 

 

話は長くなったが,ここから僕が「君の名は。」を観た印象を書く.

 

普通に面白かった.

 

ただ,大事なのは「普通」というところで,みんながTwitterなどで呟いているほど大絶賛されるほどではない印象を受けた.観るのも一度でいいかな.

金曜ロードショーで十分楽しめるレベルって感じ.

 

 

君の名は。」は男女の入れ替わり物語である.

ただ,その入れ替わりは普通ではなく(入れ替わり自体普通ではないが),そこにはさらに時間の差がある.女の子(みつは)は男の子(瀧くん)の生きている時代の3年前に生きていて,3年間を通り越して入れ替わるのだ.

 

最後には,3歳年上のみつはと瀧が出会ってハッピーエンドで終わる.

 

過去を塗り替えることでみつはは生きることができるのだが,すぐには二人は出会えない.

え?出会えないの?出会えるでしょ?どうなのどうなの??あー!出会えた!良かった!」 

おわり.

 

何が伝えたかったのだろう.ずっと思っていれば夢は叶うとかだろうか?ちょっとありきたりすぎるし,それを伝えたいならお互いを忘れちゃだめだろう.それだったら,秒速5センチメートルの方がメッセージ性があって心に残った.

 

 

また,時間のすれ違いを描くには少々詰めが甘い感じもした.

二人はお互いのことをiPhoneらしきものでメモして伝え合う.ここの設定がいまいちだったように思う.

 

現実に3年も経っていれば,デバイスの筐体はかなり違うものになっている.今iPhoneは6sだが,3年前は5sである.OSも一新されているし,その時間差に気付くのが普通ではないか.ここの設定が曖昧でちょっと残念であった.カレンダー機能を使うのであれば,嫌でも日付を認識しそうなものである.

 

また,二人が3年前の同時間軸にいるのかどうか,その時間軸設定も練りきれていなかったかなと思う.

 

隕石事件を知るまでの二人の時間軸は,3年違いの同じ日でないとおかしい.全ての時間は平行して並んでいて,二人はたまたまその時間軸を飛び越えてしまったと考えるのは自然なことだろう.

みつはが瀧くんのスマホに残していた記録が,瀧くんが隕石の被災地に行った瞬間無くなった.その瞬間の3年前に隕石が落下しみつはが死んだからだと考えると,瀧くんが口噛み酒を飲んだ時,入れ替わりはなぜか隕石が落ちる日の朝になる.これは3年前の同時間軸では無いから,タイムパラドクスが起こるのではないか.

 

また,みつはが東京に瀧くんに出会いに行っているなら,瀧くんがみつはになった時に「自分がみつはになっている」ということを認識しないとおかしい.

 

映画や感動のために無理やり都合よく時間をいじるのは僕は受け付けなかった.もうちょっと練って欲しかった.

 

では,なぜここまで世間では評判がいいのだろうか?

その最大の理由は,Radwinpsだと思う.今中高生に絶大な人気を誇っている彼らの音楽が要所要所に使われている.

CMの段階で「前前前世から僕は〜♪」とキャッチーなワードを繰り返すことで頭に残りやすい.

心に染みるような歌詞もあるんだから,そこらへんの世代にはクリティカルヒットするのは間違いない.

Twitterなどで話題として取り上げやすいし,そういった点で浅い評価が膨れ上がっているのではないかと思う.

 

僕個人的には,劇中歌はちゃんとそれにあった曲を監督に選んで欲しかった.全部ラッドじゃなくても,CMでは前前前世を推しまくってたんだからそれだけでも十分だったんじゃないかな.ちょっとお腹いっぱいって感じた.

 

Radwimpsのとても長いPVって感じの方がしっくりくるかも.

 

まとめとして,普通におもしろい映画だった.さすが新海誠ってだけあって風景は本当に綺麗だし.物語も面白かったけど,もう一回は良いかなと感じた.