読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時計の秒針音

少しずつコツコツ意味を貯めてく

見えない精神力

自分がどれくらい疲弊しているのか

 

自分がどれだけ苦しんでいるのか

 

それしっかりと把握できる人って案外少なかったりする.

ボクもそのうちの一人だ.

 

今日レコーディングがあって,歌ってきたわけだけど,覇気が出ない.

歌っててもそこまで楽しくない.

想像力が膨らまない.

よく

「追い込まれれば,案外簡単にひらめくよ」

なんて言っている人がいるけど,そんなこと無くて

 

気持ちに余裕があるとき,その隙間に想像力っていうのは生まれるって思ってる.

 

自分の歌声を聞いてて,「あーボクこんなに疲れてんだな」ってわかった.

これが「見えない精神力」.

 

これに気づけない人は,知らないうちにこの「見えない精神力」を削られて,しかも削られてることに気づけなくて鬱とかになってしまう.

 

人は,自分の心に目を向けないで,ひたすらに頑張れる結構すごい生き物なんだけれど,過度にそれをやり過ぎてしまうと,急に歯車の歯が壊れてボロボロと崩れていく.

 

自分を奮い立たせるための精神力が無くなってしまうんだから,生きる気力が無くなってしまう.

そういうことだ.

 

「見えない精神力」は,文字通り見えないから気づきにくい.他人から「元気ないね?どうしたの?」と言われて気づくこともあるように,気付き方は一つではない.

 

今はネット社会になっているのだから,TwitterなりFacebookなりInstagramなりなんなりで,助けを求めれば,誰かが助けてくれるだろう.

人とつながっていることが重要だったりする.

 

削りきった精神力を何らかの形で気づけたとして,それを回復する効果的な方法を3つ紹介する.

 

・早く(長時間)寝て早く起きる.

・好きなモノや人とふれあう(話す)

・美味しいものを食べる

 

これだ.

当たり前のように思えるけど,本当に大事なことだ.

しかも「・美味しいものを食べる」はそれを写真におさめてSNSなどにアップロードすれば反応が来て,じぶんが 社会から外れていないことに気づける.

 

最近は人と人との浅いコミュニケーションが活発化していて,逆に一人の時間が作りにくい.

だから,逆にそれを利用して,どうにか人とのコミュニケーションを保ち,自分を救っていこう.